人間ドックのシステムは機能していると考えられます

人間ドックのシステムは機能していると考えられます

人間ドックを受診した人の中で、異常なしの判定を受けた人や、健康上において問題がないと判定された人は全体の8.4%となっています。


人間ドックの結果で異常なしの判定を受けた人の割合は、過去最低の数値を記録しており、また異常なしの割合としては年齢が高くなるにつれて少なくなる結果が出ています。
異常ありの判定が出たものとして多かったものは、肥満や高コレステロール、肝機能異常などの症状となっています。


これらの特徴は年齢層が高くなるについて割合が高くなる特徴があって、年齢が50歳代が最も高くなっています。



このような結果が出ている背景としては、加齢が原因というだけではなく、生活習慣による影響が大きいものと考えられています。

人間ドックの楽に受けられる経鼻胃内視鏡の情報をご紹介いたします。

人間ドックを受診した人の特徴としては、がんの発見率も増加している点が挙げられます。

最も多く発見されているがんの種類は胃がんとなっており、次に大腸がんが多いです。
発見された胃がんや大腸がんのうちの70%は、早期がんの段階での発見となっており、90%以上の人が手術を受けています。

大腸がん手術を受けた人の多くは開腹手術の方法ではなく、内視鏡を使用して病巣を除去する手術で回復していることから、人間ドックによって早期発見をしたがんを早期治療するシステムが機能していると判断できます。
家族にがんを発症している人がいる場合は、がんを発症するリスクが高い人であると言えますので、健康のチェックを行う意味で人間ドックの受診することが良いと考えられます。



Copyright (C) 2015 人間ドックのシステムは機能していると考えられます All Rights Reserved.